ペットと暮らす|競売よりも一般市場で売却可能な任意売却を選ぶメリット|不動産利用

競売よりも一般市場で売却可能な任意売却を選ぶメリット|不動産利用

つみき

ペットと暮らす

レディ

厳しいペット可賃貸の現状

ペットと住める賃貸では、物件が古く空室対策としてペットの飼育を許可している所もあれば、ペットと生活することを前提に、室内の設備をペット仕様にしているペット共生賃貸も出てきています。例えば、ドアにペット専用の出入り口を設けているような所です。 当然ながら、後者のようなところは家賃が高めです。敷金などを上乗せして許可を出していただくケースもよくあります。大家さんと交渉に至る際には、責任を持って大事に飼うこと、周囲に迷惑をかけない事を誠意を持ってアピールしましょう。 少々古めの物件や駅から遠いなど、人気の条件を外してみると探しやすいと思います。 ペット不可の賃貸でこそこそ生活するよりは、妥協できる部分は妥協して安心してペットと暮らせる家の方が、ペットにとっても飼い主にとってもいい環境だと言えるでしょう。

ペットも飼い主も安心して生活するためには妥協も必要

賃貸でもペットが飼える物件が増えてきました。しかし、まだ飼っている人や飼いたいと思う人に比べて物件数が少ないのが現状です。 特に猫の場合はある不動産会社に問い合わせたところ、ペット可の賃貸が5%程度で更に猫となると3%程度ということでした。 猫は爪とぎなどで物件を傷つける可能性があり、退去時の原状回復が難しいと考えられているようです。 ペット可と記されていても、多くは小型犬を指す所がほとんどです。中型犬以上の場合は、こ交渉すれば許可が出る場合もありますので、一度相談してみると良いでしょう。そのためには飼い主の方は日頃から衛生面や鳴き声のしつけなど、周囲や大家さんとトラブルを起こさない飼い方を身につけておくことが大事です。 普段からそのような飼い方をしていれば、交渉の甲斐もあるかもしれません。